病気の種類や基礎知識を頭に入れておくとよい

行動力の低下

悩む男性 休日何もできない人は体内時計のコントロールができなくなっているので、専門病院で受診する必要があります。睡眠剤の処方をしてくれることもあるので、カウンセリングなどを受けて医療スタッフの連携で治すことができます。

詳しく見る

うつ病の兆候に注意

悩む男性 平日に精神的なストレスが溜まっていると、休日何もできないと悩み、焦燥感でかえってストレスを溜めてしまうことがあります。解決策としては簡単な趣味を持つか、休日を完全休養日にあてることなどが考えられます。

詳しく見る

休みの日も辛いなら注意

悩む女性 平日の仕事の忙しさ、人間関係のトラブルなどで心に大きな悩みを抱えてしまい、休日何もできないといった状態になっている場合、我慢をするのではなく心療内科に通院したり、電話相談窓口を利用したりすることが重要です。

詳しく見る

メカニズムの解明

悩む成人女性 うつ病の症状で休日何もできないという人は、睡眠不足により疲れが取りきれていない可能性があるので注意が必要です。特にこの睡眠不足からくるサイクルは悪い循環となりますので、まずはライフサイクルの見直していくことになります。

詳しく見る

早期治療が重要

悩む男性 休日何もできないと感じてしまう場合には、うつ病の症状が出てしまっている可能性があるので、出来るだけ早期に治療を開始することが重要となります。評判が良い心療内科を探して診察を受ければ、患者に寄り添った治療を受けることが出来るでしょう。

詳しく見る

何も手に付かないなら

女性

種類とその基礎知識

多くの社会人にとっては、休日に休むことは喜びでしょう。しかしながら、うつ病になってしまった場合休日何もできないこともあり得ます。せっかくに休みなのに、休日何もできないとすれば、その人の喜び自体はどこかに消えてしまうでしょう。この場合、早めに対策をして何もできない状態から脱する方法を考えるしかありません。まず、原因として考えられるのはうつ病になっていることです。うつ病になると、気力がなくなる可能性が高いため、何日も何もできない状態が続いたとすれば、まずは精神科などに通ってみるのがよいかもしれません。人によっては、気力が起こる場合もあれば途中で気力が起こらない場合もあります。そのような場合でも、うつ病になっている可能性が高いです。精神的な病気は、自分で治療をすることができそうですが、実際には難しいことが多いです。なぜかといえば、すでに自分自身のことをコントロールできているとすれば、そもそもうつ病自体にならないからです。うつ病でも、躁病などと合体している種類もあります。まずは、病院に行きどのような種類の病気なのかを明確にしましょう。

休日何もできないとすれば、まず病院に行き原因を追究することが必要になります。休日何もできない場合に通う病院は精神科と心療内科の2種類がありますが、この違いは外に病状が現れたかどうかです。精神科の場合には、外に病状が現れることはありません。そのため、第3者からみてもいまいちわかりにくい状態になるはずです。これに対して、発熱や頭痛が伴うことや腹痛などが伴うなど、身体の外に病状が出ていたとすれば心療内科に行った方がよいです。治療方法は、投薬治療をするところもありますが、あまり投薬治療ばかりに頼ってしまうと治るものも治らなくなってしまいます。投薬治療は、あくまで一時的な処方になるため、それを飲み続けている間はよいですが、薬を飲まなくなってしまったとすればたちまちうつ状態に戻ってしまうでしょう。完治を目指すならば、カウンセリングを中心としたところに通ってみると良いでしょう。カウンセリングは、資格をもったカウンセラーがおこなうかあるいは医者がおこなうこともあります。カウンセラーが医者が一方的に話をするのではなく、うつ病の人が自ら答えを出せるようにいくつかの質問をするならば完治しやすいです。